粉砕機

ZERMA - THE HOME OF SIZE REDUCTION

ZBS - シングル軸シュレッダー

中小型塊状の廃棄物を破砕する経済的なシュレッダー

top

概要

ZBSシリーズのシュレッダーは一軸シュレッダーであり、油圧システムを必要とせずに簡単に供給できる。このシリーズのシュレッダーはコンパクト設計で、容易に移動でき、操作が便利である。ZSシリーズの大型シュレッダーと同様に、ZBSシリーズの小型シュレッダーもアウトボードベアリングと、直径310mmのE型フラットローターを装備して、ローター幅はそれぞれ600mmと850mmであり、減速機で駆動される。ZBSシリーズの機械は評判の良いZERMA製のナイフとナイフホルダを継承している。特別な設計により、クリーニングとメンテナンス作業が容易に実施できる。60rpmの低速回転及びZBSシュレッダー自身のコンパクトな設計により破砕物の切断時に機械音を軽減できる。そして、必要によって、供給は手動か又はコンベア経由か、処理後は収集
袋か又はコンベア経由かを選択可能である。

応用

ZBSシリーズのシュレッダーは射出成型とブロー成型のプロセスに発生した中小型の塊状廃棄物を破砕するために設計されている。ZBSシュレッダーにより破砕した材料を、さらに粉砕機で加工後に、生産ラインへ伝送して再利用可能である。また、このシリーズの機械は色々な種類の材料に対応でき、生産ラインに組み込めば他の材料との混在を避けられます。

特徴

詳細:

リサイクル効率を確保するために、シュレッダーは凹面型の四角状ナイフを使用する。各ナイフが交代で使用でき、この設計により各ナイフの使用寿命を延長することができる。
全てのシュレッダーはE型フラットローターが装備され、ナイフがナイフホルダーで固定される。
ZBSシリーズのシュレッダーは効率的なホッパーが装備されており、油圧システムを必要とせずに簡単に供給できる。直径400mmまでの塊状廃棄物は全てZBSシリーズのシュレッダーで破砕できる。