粉砕機

ZERMA - THE HOME OF SIZE REDUCTION

ZXS - 強力シュレッダー

高生産量のシュレッダー

top

概要

ZXSシリーズのシュレッダーは一軸シュレッダーであり、強力な二段変速のスイングタイプの油圧システムを装備して、この設計によりブロッキングを避けられ、また、ガイドレールの磨耗量も低減できる。ZXSシリーズのシュレッダーは非常に用途が広く、各業界の各種廃棄物のリサイクルに対応可能である。ローター直径は750mmであり、二台の減速機で駆動され、ローター幅は最小1500mmで、最大3000mmとなる。45rpmの低速で高トルクにより、静音で効率よく稼動できる。E型ローターと特別に設計されたナイフとナイフホルダーを使用し、また、サイズを拡大して、粉砕が困難な材料を破砕できる。ZXSシリーズのシュレッダーは顧客の需要に応じてさらに設計を調整でき、冷却装置、表面硬化処理されたローター及びその他の耐磨耗装置が装備できる。

応用

ZXSシリーズのシュレッダーは各業界のリサイクルに対応でき、粉砕が困難な廃棄物を破砕して、高い生産量を実現する。各種プラスチック製品、廃木材、廃紙と廃段ボール、電子廃棄物、生活ごみ、ゴム製品などを処理できる。その中には、冷蔵庫シェル、タイヤ、パレット、包装廃棄物、中空容器、ドラム缶及び管材とフィルムなどが代表的である。顧客の需要に応じて適切な細孔サイズを提供でき、廃棄物から派生した燃料のRDFをさらに破砕して指定サイズまで加工できる。また、ZXS Tシリーズはトラックとトラクターのタイヤを破砕するために設計されており、特殊な耐磨耗装置とナイフが装備されている。

特徴

詳細:

リサイクル効率を確保するために、シュレッダーは凹面型の四角状ナイフを使用する。各ナイフが交代で使用でき、この設計により各ナイフの使用寿命を延長することができる。
全てのシュレッダーはE型フラットローターを装備して、ナイフがナイフホルダーで固定される。各種硬質材料に対して、ローターが硬化処理され、耐久性が良い。
ZXSシリーズのシュレッダーは強力な二段変速のスイングタイプの油圧システムを装備して、この装置は破砕する材料をローターの方向に強力な圧力で押して、また、一定秒数押された後には急速に押し戻される。