最新情報

ZERMA - THE HOME OF SIZE REDUCTION

パイプリサイクル

現在、工業パイプ材料は主にPVCチューブとPEチューブを含みます。伝統的なパイプの破砕方法は破砕機で実現しますが、この方法は現在、主に小型パイプのPVCチューブの回収に利用され、PEチューブの回収には大きく制限されています。

各工程の発展と押出しライナーの改善と伴に、直径は大きい、壁は厚いパイプをもっともっと使用することになります。破砕機だけでこの大型パイプを回収するには難題を抱えています。一つは事前にパイプを切断する必要があるし、もう一つはこれらの作業によって高エネルギー損耗も生み出すため、経済的面におけるリサイクルの必要がなくなります。
従って、Zerma社はZRSシリーズパイプ切断式破砕機を発売し始め、二つのステップで破砕を完了させ、パイプを事前に切断する必要がなくなります。
お客様は最大に破砕対応可能である長さの8mのパイプをZRSシリーズ切断式破砕機の水平ポッカーに直接に入れます。液圧プッシャーを利用してローターまで押し込みます。パイプをZRSシリーズ切断式破砕機で初めて破砕した後、セットの破砕機でもう一回、要求されるサイズまで破砕します。Zerma社はお客様のニーズに応じて第三段階の破砕を行い、破砕後のものを粉砕してから再利用をします。
スイングプッシャー式切断破砕機ZRSシリーズは大きく省エネルギーができます。
本システムは中央制御箱の中にあるPLCよりコントロールをしていて、負荷の安定性と高効率な動作を確保しています。
ZRSシリーズは三つの型番があります。それぞれのローター直径は800mm、1000mmと1500mmです。その中の最大な型番はパイプ直径1300mmまで破砕ができます。ZRS800は幅の3.5mの水平ポッカーが設けられ、直径の 630mmとこれ以下の中小型パイプに対応できるように設計されています。